杉本自動車

工場日記

川崎の杉本自動車です。
<< ATFの交換、知ってますか〜? | main | ハイゼット テールリフト(ダイハツ) >>
R35 TPMS

新機構の紹介をしようと思います。これから各メーカーさんも装着されるのではないかと思われる物です
それが TPMS です。 なんじゃいそれ?・・・ですよね!!

 

TPMS(タイヤ・プレッシャー・モニタリング・システム)

 

とは、タイヤの空気圧を常に監視するシステムでヨーロッパや欧米では装着が
義務付けられております。リアルタイムでタイヤ空気圧をモニタリングするシステムです。構造はセンサーユニット(空気圧を測定し無線にて発信する装置)付きエアーバルブ(タイヤの空気を入れる所)が検出した空気圧を無線で車両コンピューターに飛ばし表示するシステムです。それによりドライバーさんは常に空気圧をチェックすることが出来、未然に危険回避が可能になるわけです。
現在の日本車では日産GT−R、フーガに、この機構が装着されています。

今回、GT−Rにお乗りのお客様のスタッドレスタイヤを夏タイヤに履き替える
作業がありましたのでご紹介させていただきます。

 

GT-R フーガ

 

デジカメを用意している間に、スタッドレスタイヤは外されていました(笑)

 

GT-R 夏タイヤ

 

お客様は夏タイヤ純正ホイール付きとスタッドレスタイヤ純正ホイール付きの合計8本お持ちになっていますので履き替え作業時には毎回各タイヤごとに空気圧センサーID番号を車両のコンピューターに登録する必要があります。

 

そこで登場するのが写真左側のTPMと写真右側の故障診断機です。
今回はスナップオンのMTG2000という診断機を使用します。
余談ですが診断機にも特徴がありまして当社では3台の診断機を用意しております。
現代のお車はエンジンチェックランプ(不具合警告ランプ)が点灯し不具合をドライバーさんに伝えます。
修理には、この診断機がないとお車のどこに不具合が発生しているのか確認する事が出来ませんし正しい診断および修理も出来ません。
不具合等ありましたらスタッフまでご相談下さい。

 

TPM

 

まず診断機を車両に繋ぎます。

 

TPM 診断機

 

診断機よりGT−Rを選択し作業サポートよりタイヤ空気圧を選択。

 

TPM タイヤ空気圧

 

 

スタッドレスより夏タイヤのホイールに履き替えると下記のようにすべてのホイールのセンサー登録が×(バツ)になっておます。

 

 

 

このようにTPMをエアーバルブに近づけ登録を4本指定された順番に行います。
登録が完了しますとハザードが点滅し登録完了を知らせてくれます。

 

 

ID登録完了!!
メーター内のインフォメーションも消えました。

 

GT-R


この通りタイヤ空気圧情報としてモニターに表示されました。

 

安全で便利な新機構ではありますが不用意にアルミホイールの交換も出来なくなってしまいました。
車を楽しむという事に関しては、ちょっと寂しい感じもしますね。

| 整備 | 11:23 | - | - |
CALENDAR
S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< July 2020 >>
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
モバイル
qrcode
LINKS
PROFILE